文化庁に手紙を渡しました

11月8日に文化庁に出向き、みなさんの手紙を渡してきました。

長官に直接会うことは出来ず、文化庁職員の対応となりましたが、全78組からの手紙のファイルを渡してきました。​

 

寄せられた手紙のうち、一般公開を承諾している人たちの手紙はこちらで公開しています。

(追加更新しました)

また、文科大臣へは配達証明にて郵送することとなりました。

こちらも完了次第ご報告します。

2019 年 11 月 9 日

手紙を渡す日程が決まりました

寄せられた手紙を渡す日が 11 月 8 日に決まりました。

残念ながら大臣・長官に直接渡すことは叶いませんでしたが、13:00に文化庁担当者に手紙を渡します。

また、この日には​ReFreedom_Aichiを中心として、不交付決定撤回を求める有志、団体が文化庁周辺に集まることになりました。この日私たちの手紙以外にも、Change.org を通じて集めた 104,200 人 (11 月 2 日現在 ) の署名や、不交付決定撤回を求めた有志、団体の声明が渡されます。

また 12:30 から 14:30 のあいだ、文化庁周辺でアピールを行います。これはどなたも参加できます。プラカード等も掲示可能です。野次馬でもかまいません。是非集まってください!

※一般公開を承諾している人たちによる手紙を更新しました。

2019 年 11 月 5 日

​手紙募集の延長のお知らせと、寄せられた手紙の公開

時々刻々と私たちの文化・表現を巡って懸念を抱かせる出来事が起こっています。

ここで募集する、みなさんからの文部科学大臣と文化庁長官への手紙は、10 月 31 日まで募集期間を延長することにしました。手紙は引き続き、公開、非公開のどちらでも募集します。

​また、今まで寄せられた手紙のうち、一般公開を承諾している人たち約40名の手紙を公開します

それぞれの思いがそれぞれの言葉で綴られています。是非ご一読ください。

2019 年 10 月 20 日

文化庁による、あいちトリエンナーレへの補助金不交付に関心のあるみなさん

文化庁による、あいちトリエンナーレへの補助金交付中止について、文部科学大臣萩生田光一と文化庁 長官宮田亮平、両氏宛に、意見書、知らせたいこと、抗議文、あるいは手紙もしくは批評的冗談、未来予測など、多くの、別々の言葉を届けられればと思っています。

既に Refreedom_Aichi による署名活動では多くの賛同が集まっていますが、ここではそれを別の角度から支えるような、個人の声を集めます。この問題に関心のあるひとならば誰でもかまいません。

アーティストに限らず、学生、エンジニア、芸術祭のスタッフ、観客、デザイナー、詩人、演劇関係者、メディア・アート制作者、パフォーミング・アーツに関わるひと、映画業界の人びと、建築家、アニメーターあるいはライター、批評家、キュレーター、法律家、さらに、さまざまな文化活動に関わるひと、そして何よりこの状況に危機を感じるひと。これはけっして芸術に限られることではなく、行政上/制度上におけ る手続きのプロセスとしても見過ごせない問題です。現在、そして最悪の未来の防ぐためにも、個々人の抗議を文化庁に届けることも必要です。

2019 年 10 月 3 日

呼びかけ人 クワクボリョウタ、奈良美智、戸田ひかる、清水知子、福原志保、大舘奈津子、田中功起

経緯:

 

文化庁 あいちトリエンナーレに対する補助金の取扱いについて

http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1421672.html

新聞など

https://mainichi.jp/articles/20190926/k00/00m/040/117000c

Refreedom_Aichi による署名活動

http://chng.it/Yzk4THLQfv

​手紙を届けようと考える方は下記に従って応募してください。

文部科学大臣 萩生田光一 様

文化庁長官 宮田亮平 様

(文面)

自分の名前

2019 年 10 月   日

形式:

宛先を同一にし、個人名(アーティスト名などでも)を書いてください。

書式、内容、長さは自由です。(図を参考に)

こちらでプリントアウトするため PDF でお送りください。

締め切り期日:
2019 年 10 月 7 日月曜日中 → 10 月 31 日まで延長します

その後に大臣と長官宛に送付もしくは手渡しの予定。

情報の共有:

今後の連絡、情報共有のための名前とメールアドレスを教えてください。

 

注意:

一般公開の可否についても教えてください。(公開する可能性もあります)

連絡先:

artiststatementaichi2019@gmail.com

経過は随時このサイトでお知らせしていきます。